尼崎で車買取!しつこい営業電話のない高額車査定業者を狙え!

尼崎市の数ある車査定業者の中から、しつこい営業電話のない所だけを厳選して紹介

自動車

私の好きな自動車たち〜ルノー・メガーヌ・ルノースポール&ルノー・ルーテシア・ルノー・スポール

投稿日:

魅力がありしかも安い~ルノー・メガーヌ・ルノースポール

 

ルノー・メガーヌは、なかなかスタイリッシュな車です。ベースモデルの5ドアハッチバックモデルでも、国産車やドイツ車にはない流麗なボディラインが魅力的です。そして、そのホットバージョンである「メガーヌ・ルノースポール」は、3ドアの為更にサイドビューが洗練され、大きく口を開けたフロントマスクも迫力十分で、一層インパクトを増しています。勿論、あのルノースポールですから、エクステリアだけが魅力なのではありません。自他ともに世界最速のFWDたる事を謳う、そのパフォーマンスこそ、この車の最大の魅力と言えます。

搭載される2L直4ターボエンジンは265馬力の最大出力と360Nmの最大トルクを発生、0-100kmまでの加速タイムは6.1秒で、スペック面でも高性能なFWDスポーツ車である事が分かります。そして、ニュルブルリンクのコースで8分7秒という、FWD車としては世界最高のラップタイムを誇ります。似たようなスペックを持つFWDスポーツ車として、VWシロッコRやマツダスピード・アクセラ等がありますが、それらよりも速いという点は、大きな魅力のポイントと言えます。実際に公道で合法的にそのパフォーマンスを味わうのは難しいかもしれませんが、オーナーは「FWDとして世界最速」の車に乗っている事自体に、誇りを感じる事でしょう。

この素晴らしいメガーヌ・ルノースポールが、僅か385万円で買えるのは信じ難い事です。この価格は、ライバルであるVWシロッコRよりも、およそ140万円も安いのです。フランス車は、人気の面でドイツ車に及ばない分、価格戦略で頑張っていると言えます。又、大量販売が望めない車種であるにも関わらず、右ハンドル仕様を導入している点にも、ルノーの本気と良心が感じられます。

 

日本向きのホットハッチ~ルノー・ルーテシア・ルノー・スポール

photo by Mic

 

新型ルーテシアの日本市場導入から遅れる事数か月、待望のルーテシア・ルノー・スポールが上陸しました。新型ルーテシアは、5ドアでありながらリアドアの取っ手が外からは見えず、一見したところ3ドアのように見えるスタイリッシュさがあります。ボディラインも、大人しいイメージだった先代と比べよりアグレッシブで個性的なものになっており、魅力十分です。エンジンは、最近のヨーロッパ車の流れに則り、エンジンが2L自然給気から1.6Lターボへとダウンサイジングされました。

しかし、ほぼ同等の最高出力と約1割増しの最大トルクを確保、待望のDCTの採用と相まって、0-100km加速タイムは先代より0.2秒短縮され、6.7秒となっています。いずれにしても、ホットハッチとして十分なパフォーマンスですし、一層魅力を増している事は間違いありません。このルーテシア・ルノー・スポールには、シャシー・カップとシャシー・スポールの二つのグレードが用意されますが、日常使いの快適さを求めるなら、足回りが固められているシャシー・カップは避けた方が良いかもしれません。

価格面でも、シャシー・スポールの方が廉価な設定になっているので、一般的にはこちらの選択がベターと言えそうです。又、大量販売が望めないマイナーなジャンルの車ながら、きちんと右ハンドル仕様を導入している点も、ルノーの良心を感じます。左ハンドルだと、どうしてもある程度の不自由は忍ばなければならないので、やはり右ハンドルの方がベターです。それだけ、日本市場を大事にしているという事なのでしょう。

-自動車

Copyright© 尼崎で車買取!しつこい営業電話のない高額車査定業者を狙え! , 2019 All Rights Reserved.